【週報】投資の運用実績(2022年12月3日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事では投資の運用実績(週報)を紹介してます。

年収400万円の一馬力サラリーマンが、低資金ながら投資を続けているので読んでみてください。そして応援してください。

目標は50歳くらいでサラリーマンをやめる選択肢を持てるほどの副収入(月収50万円)と資産(1000万円)を持つこと。

飽きっぽく、一つのことを極める性分ではないので、

「何コレ?このレベルでよく発信できるね」

と思われるのは承知の上で週報ブログは継続するので覚悟してください(笑)

Twitterでは『トライオートETF』と『トラリピ』の週報を毎週土曜日中に発信するようにしてるのでそちらも良かったらぜひ!

その時のtweetもこのブログのそれぞれの項目に載せてます。

ちなみにTwitter(https://twitter.com/yutalife_AB)は、『家族』『フロンターレ』『お金』『ユニクロ(服装)』のことについても発信してるので良かったらフォローしてください (^▽^)/

 

【私の合言葉】

・つみたてNISAは子供の学費。
・iDeCoは老後資金。
・トライオートETFはあぶく銭。
・トラリピは14年後の生活費。
・暗号資産つみたてもあぶく銭。

 

【目次】
◆運用実績(集計)
◆つみたてNISA
◆iDeCo
◆トライオートETF
◆トラリピ
◆暗号資産つみたて
◆総括

 

先週の記事はこちら

【週報】投資の運用実績(2022年11月26日時点)

 

運用実績(集計)

ここでは全体の集計を報告していきます。

 

1週間の資金増減

左が前週と今週の資金額、右が1週間の資金の増減です。

【評価損益増減】+¥93,182

『トライオートETF』と『トラリピ』が「ドル安」の影響で含み損が大きく解消してきてます!

『トラリピ』は利益を一部出金しました。それでも有効証拠金はプラスになってます。それほど含み損の縮小が大きい1週間だったということ。

 

アメリカの市況

トピックは3つ。

「月末フロー」「パウエル議長の発言」「雇用統計」

「月末フロー」

11月28~30日は月末のために、企業や投資家それぞれの思惑がぶつかってどう動くかわからない「月末フロー」でした。

株安とドル安がメインでした。

「パウエル議長の発言」

30日にはFRBのパウエル議長の発言がありました。

これまでのFRBメンバーは株高になりすぎないように “タカ派” の発言が多かったのに、今回は “ハト派” と取れる発言でドル安株高に一気に動きました。

「雇用統計」

最後に12月2日(金)の雇用統計です。

最近のインフレ指標で景気が悪くなってきている結果が多かったのに、「雇用統計」は未だに悪くなっていないという結果でした。

指標発表後すぐにドル高株安になったのを知ってか知らずか、ここでもFRBメンバーは “ハト派” 発言をしてきました。

その結果、ドル高株安分をほぼ全戻しで相場は閉じられました。

 

今後の心構え

基本的に雇用統計の結果は朝起きて「ふーん」「ほぅ」「うわー」って感じで見てます。

何をするでもなくそうなったんだーってスタンス。

後から指標の結果と値動きの理由を情報収集するのが最近の日課ですね。

トライオートETFの証拠金を引き出す時が来た!

トライオートETFの証拠金維持率がだいぶ上がってきました。

まだまだ強制決済すると大赤字なんだけど、何となく株高はある程度進んでいくんじゃないかと勝手に感じてます。

少し様子を見てから資金を引き出そうかなって思ってます。

基本は何もしない

基本スタンスは「何もしない」に変わりはないです。

どれも感情排除の投資法を心掛けているので。

 

それではそれぞれの投資報告です!

最後まで読んでいってくださいね😉

 

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

 

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】‐¥9,281

1週間では下がってるけど、今の設定にしてからはずっとプラスで推移してるのでこんなもんです。

さすがにマイナスになっちゃうかなぁって思ったときもあったんだけど、それでも耐え抜いた。

これだけ株安が酷い相場でも(まぁドル高のお陰だけど)プラスでいられてるってことは……これから株高のターンが来た時を想像すると😊。

 

10年後に700万円、15年後に1230万円。

資金を使い始めるのは、「長女が大学に進学するだろう10年後」か「次女が大学に進学するであろう15年後」

その時の学費にと考えてます。

でも、進学しなかった場合はやりたいことがあればその時に必要な金額を援助したいなって思ってます。

あとは18歳の成人のお祝いとして一人100万円も渡せたら言うことなし!

10年後           15年後
【投資累計額  450万円】  【投資累計額    655万円】
【時価評価額  700万円】  【時価評価額  1230万円】
【評価損益 +250万円】  【評価損益   +575万円】

長女の時に引き出さないでそのまま運用を続けたら、10年で得た利益を5年で再度得られる計算。

これが複利の力!

予定通りに運用ができて、その時の相場が良ければの話。

 

子供の学費なのでリスクを抑えた運用

「S&P500」は1500円を毎日

メインは「S&P500」の1500円毎日積み立て。

これで1週間に7500円、月に3万円くらいを積み立ててます。

統計では大きい金額を一括投資のほうが大きく稼げるんだけど、その分リスクが高くなるから逆に暴落したときは大変なことになっちゃう。

「子供の学費のため」なのでリスクの低い手法を選んでます。

「オールカントリー」は3300円を月一回

毎月一回、楽天キャッシュで3300円を積み立てています。

あんまり分散投資にはなってないんだけど、一つのことだけやるよりやってみたくてやってる感じです。

300円はポイントも追加してます。

やっぱり積立回数が少ないとバラツキが大きくなるせいか、評価損益がマイナスになったこともあります。

 

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

 

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】‐¥615

ほとんど変わってないです、無風です。

『つみたてNISA』と同じアメリカ株なのでドル円の動きと株式の動きの影響は同じです。

違うのは積立方法。

楽天証券では月一回の積立しか出来ないので月一回1万円の積み立てにしてます。

他の証券会社では毎日が出来るのか調べてないです。楽天証券にまとめていたほうが何となく楽なのでそうしてます。

 

65歳の時に1200万円

今の設定のまま65歳まで平均利率7%で運用出来れば
【投資累計額   350万円】
【時価評価額 1200万円】
【評価損益  +850万円】になってるのが目標です。

出来れば夫婦二人分で倍の2400万円あったほうが安心です。

今後ブログ収入が得られ始めれば積立額を増やしていきたいです。

世間では「老後2000万問題」(もう古い?)が話題なので、この目標じゃ全然足りないと思うでしょう。

目標値が高くない理由は『トラリピ』

『iDeCo』は退職金として積み立てて運用するのが制度としての目標。

退職金は、もうリタイアして収入が無く年金暮らしのプラスアルファを想定して払われるものです。

わたしは『トラリピ』で、ある程度の不労所得を得ながら生活したいのでその手法も含んでます。

さらに63歳で住宅ローンも払い終えるので、今の状態を維持できれば老後に不安はありません。

だから『iDeCo』の目標金額はそこまで高くないということです。

 

 

トライオートETF(TQQQ)

トライオートETF

入出金額:1,830,000 円

2021年2月からインヴァスト証券で取引をしています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Twitterの報告は以下

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】+¥67,629

パウエル議長ーーー!!

の発言がすべて。

ここにきて12月の利上げを0.5%と明言。

それを “ハト派” と受け取られてドル安株高の「待ってました」相場でした。

「雇用統計」が思ったより悪くなってないのはドキッとしたけど、その後にFRBメンバーが “ハト派” だったお陰で下落スタートを取り戻してくれました。

もう「ドルは下げて株は上がる」フェーズに入った感満載。

上げすぎることは許されなくてもジワジワ上がっていく予感しかしません。

 

資金効率も「VERY GOOD」

有効証拠金が増えてなくても、ドル安で必要証拠金が下がったおかげで有効証拠金が上がった感じ。

「VERY GOOD」を見て安心したのか、少し資金を抜こうかなと思い始めてます。

今考えてるのは6万円。

預金と『トラリピ』で半々。

 

 

いま怖いのは再びの暴落と妻に見られることです。

ポロっと妻に見られないように注意しなければなりません。

その緊張感のほうがロスカットより怖いかもしれません。

 

日足、週足、月足チャート

どの足見ても上目線に感じてしまう……。そういうときが一番足元すくわれるんですよね。

とりあえず直近高値の「39」あたりは目指すんじゃないかと。

急にではなくて「30」あたりで反発されながらジワジワ。

「22-23」のレジスタンスラインを超えたように見えるのと、月足が2か月連続で転換のサインに見えるのでそう感じます。

 

今後の方針

上目線圧力が上昇してきてるので出金を考えてます。

また下落したら戻せるように少しずつですけどね。

一先ずは6万円を引き出して、預金に3万円『トラリピ』に3万円で分配しようかな。

月曜の値動きを見てから決めるかもしれないですけど。いきなり月曜から下落されたらお腹痛くなるので。

 

口座開設はオススメ

取引しなくても口座開設・維持は無料です。入金さえしなければいじりまくってもお金は減りません。

口座開設キャンペーンもよくやってるので、その条件達成だけして資金抜いちゃうってのもありかなと。

興味ある方は以下の広告から口座開設お願いします(⌒∇⌒)

トライオートETF

 

 

トラリピ

入出金額:720,000 円

2019年2月からマネースクエアで取引をしています。

 

Twitterの報告は以下

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】+¥42,522

ここでも、パウエル議長ーー!!

「CAD/JPY」の古い注文が決済されて、『トラリピ』でマイナスの確定損益を始めて経験しました。

スワップの影響です。

元からスワップ負けするポジションがあるのはわかっていたのでノーダメージですけどね。

今年の利益から4万3千円引き出したんだけど、含み損が減ったお陰で維持率には何の影響もありませんでしたね。

適宜引き出せるくらいの維持率で運用してれば預金より便利なんじゃないかと思うほど安全に投資できてます。

 

「マイナスの確定損益」現る

『トラリピ』歴4年目で、マイナスの確定損益を始めて見ました。

「CAD/JPY」が一番古い付き合いなのでそれだけ働いていてくれたということですかね。今後も頑張ってください(鬼)

 

「資産状況」は良好!

利益を引き出してもなおこの維持率。

ちょっと「AUD/NZD」の含み損が増えてるのが気になるけど、これからの稼ぎ頭になってくれると信じるしかないですね。

 

今後の方針

相場が落ち着いていたので利益を引き出せました!

お金が必要な時にはこれくらい静かでいてもらって、特に使う当てがないときは乱高下して稼いでくれるのが一番です。

これから預託証拠金が150万円に届きそうなタイミングで「EUR/JPY」のトラリピを追加します。

鈴さんの「自分年金」を完成させるのは、あと14年後を目標にしているのに今のペースだと後ろ倒しになっちゃいます。

『トライオートETF』の回復と、ブログ収益化でペースを早めたい!

 

「黄金の卵を産むニワトリの育て方」

始めた当初は「あっきんさん」、現在は「鈴さん」を参考に運用しています。そんなお二人が共作で本を出しています。

トラリピとはどんなものか、リスクが低い運用とはどういう考えかを知りたい方はぜひ読んでみてください。

以下のリンクから購入してみてください。

 

 

暗号資産つみたて

コインチェックで2021年3月からビットコイン(BTC)、12月からリップル(XRP)の積立をしています。

投資額は各通貨【月1万円】

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】
BTC:‐¥   232
XRP:¥6,871

FTX破産の暴落から底固めの様相。

株式と連動しにくくなってきて独自の動きが強くなってきてる気がする。

 

ジワジワどーんっのチャート

どっちにいくか迷ってるような長めのレンジ。

BTCはジワジワ動いて突然どーんって動きが定着してきてます。

XRPは基本的にはBTCについていってるんだけど、同じ方向でも行き過ぎることもあって落ち着かないです。

 

今後の方針

どっちにも動くからこそ危険と思われてますね。

でも怪しんでくれて、今のうちに安いポジションを増やしておけば値が上がった時の利益も大きくなるので怖さはあまり感じてないです。

まだ下がったとしても、もはや電子ゴミになることは考えにくいですし。

 

『QUOREA』や『マイメイト』という方法

老舗好きは『QUOREA』

GMOコインを利用して『QUOREA(暗号資産)』を運用していた時もありました。

自動売買とは言ってもAIを選ぶために相場観が必要な手法です。

選んだAIと相場が一致すれば24時間取引してくれるので利益は大きくなるでしょう。

私は選ぶセンスが無かったのでやめました。

新しい物好きは『マイメイト』

※勘違いしてましたので訂正があります!すみません。
『マイメイト』が暗号資産の自動売買だと勘違いしてました。思い込みです。
AIを活用した「FX」の自動売買です。
ただ今勢いのある人気の投資手法なので、次回の【週報】から『トラリピ』のほうに移動して紹介させてもらいます。
自分ではやっていなくても、あなたには合う投資スタイルかもしれないのでそのきっかけとして役立てば嬉しいです。
間違った紹介の方法で誤解を招いてしまい申し訳ありませんでした。

 

やったことはありませんが、今話題の『マイメイト』も同様だと感じます。

インヴァスト証券で『トライオートETF』『トライオートFX』をしていれば『マイメイト』を始めるハードルは低いですよね。

こちらも口座開設・維持手数料は無料

取引しなくても口座開設・維持は無料です。入金さえしなければいじりまくってもお金は減りません。

興味ある方は以下の広告から口座開設お願いします(⌒∇⌒)

QUOREA(暗号資産)マイメイト

 

 

総括

やっぱり値動きのある1週間でした。

アメリカの経済指標があるかどうかが肝になります。

 

アメリカ経済指標は中旬が忙しい

まずは9日(金)の「生産者物価指数(PPI)」ですね。

そこが落ちてればやっぱりインフレ圧下がってるよねっていう指標になります。

それから翌週13日(火)「消費者物価指数(CPI)」、14日(水)「FOMC」でどうなるかが重要。

全部いい流れになったら今年は安心して過ごせそう。

 

運用方針

トライオートETFの資金を移動することになりそうです。

中旬に大きい経済指標があるのでそれまで待つのも考えとかないといけないですね。

 

43歳で投資資産額「1000万円」

『つみたてNISA』『iDeCo』の「時価評価額」と『トラリピ』の「預託証拠金」の合計額が43歳で「1000万円」に到達する計画です。

6年後です。

このブログももっと育てて本業以上に稼いでいたいです。

 

家族のために悩みたくない

投資とブログをしている理由は、家族の要望でお金を理由に悩みたくないからです。

無駄遣いは控えますが、妻が買いたいものを買ってあげ、妻が行きたい場所に連れて行ってあげ、子供たちにはやりたいことをやらせたい。

私は我が家の駐車場にカーポートバルコニーを付けたい(笑)

すぐ出来れば良いですがそれは無理な話なので気長にリスクを抑えて継続します。

お金に左右されない人生を歩んでいきたいです。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に

当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

 

【週報】投資の運用実績(2022年11月26日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介しています。

Twitterでは、『トライオートETF』と『トラリピ』の維持率を報告してます。

維持率報告のTwitterはそれぞれの報告内に載せてあります。

Twitter(https://twitter.com/yutalife_AB)では他にも『家族』『フロンターレ』『お金』『ユニクロ(服装)』のことについても発信してるので良かったらフォローしてください (^▽^)/

 

【私の合言葉】

・つみたてNISAは子供の学費。
・iDeCoは老後資金。
・トライオートETFはあぶく銭。
・トラリピは14年後の生活費。
・暗号資産つみたてもあぶく銭。

 

【目次】
◆運用実績(集計)
◆つみたてNISA
◆iDeCo
◆トライオートETF
◆トラリピ
◆暗号資産つみたて
◆総括

 

運用実績(集計)

2021年10月22日から現行のやり方で資産表を付けています。ブログでは金額を含めた週報をしています。

先週の記事はこちら

【週報】投資の運用実績(2022年11月19日時点)

 

『つみたてNISA』『iDeCo』『暗号資産つみたて』は決済した利益が積み上がるわけではなく、将来お金を使う時に評価損益がプラスになってるのを目指してる投資手法です。

『つみたてNISA』『iDeCo』は子供の学費と老後資金なのでその頃にプラスになってることを願ってます。『暗号資産つみたて』は本腰を入れているわけではなく、暴騰したときに売り逃げするのが目標です。

『トライオートETF』『トラリピ』は細かく注文と決済を繰り返して、預託証拠金を大きくする手法です。

そのため評価損益はマイナスの時がほとんどで、これまでの決済益が評価損益を上回っている状態で全決済するのであれば成功です。

『トライオートETF』は勉強不足で欲に駆られたため今はひたすら含み損を耐えている状況です。『トラリピ』は資金を貸し出しているのと積み立てが出来ていないので少しリスクが高くなっていますが胃が痛くなるほどのピンチは迎えないで続けられてます。

 

1週間の資金増減

左が前週と今週の資金額、右が1週間の資金の増減です。

【評価損益増減】+¥69,830

先週のマイナス分が戻っただけの状態です。

 

アメリカの市況

23日(水)の「PMI(景況感)」の悪化、「FOMC議事要旨」で12月の利上げは0.5%がさらに濃厚になったことでドル安になり株価は上昇しました。

24日(木)は「感謝祭」で休場、25日(金)は「ブラックフライデー」で短縮取引だったのでほとんど相場に動きはありませんでした。

28日(月)の週は11月の月末フローで企業特有の決済が増えるため動きが読みにくいと思います。

30日(水)にはパウエル議長の発言があるため相場が急な動きをすることが考えられます。

 

今後の心構え

今年はファンダメンタルズを勉強しているので、経済指標でどう動くのか予想してその結果を体感するのがメインです。

全ての投資手法が基本放置なのでほとんどすることはありませんが、指標の発表に備えて資金移動をする材料にはなっています。

これからは急速にドル高円安の方向に動く可能性は下がったため資金移動も考えないで済むため静かに相場を眺めています。

それではそれぞれの投資報告をしていきます。

最後まで読んでいただけると嬉しいです。

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】+¥8,618

先週のマイナス分が戻った感じです。

この先また来るであろう株高のターンが来た時にすごい含み益になりそうでワクワクします。

資金を使用し始めるのは10年後、長女が大学に進学するならその時の学費にと考えてます。進学しなくてもやりたいことがあればその資金を提供したいです。

その時の金額は
【投資累計額  450万円】
【時価評価額  700万円】
【評価損益 +250万円】になってるのが目標です。

 

「オールカントリー」は3300円を月一回

毎月一回、楽天キャッシュで3300円を積み立てています。少額を月一回の積み立てなのでバラツキは大きくなるのでたまに評価損益がマイナスになります。

 

「S&P500」は1500円を毎日

メインは「S&P500」の1500円毎日積み立てです。

これで1週間に7500円、月に3万円くらいを積み立てています。

理論的には大きい金額を一括投資のほうがリスクが高くなるので良いほうに転がれば利益も大きくなります。

逆に暴落したときには損失が大きくなる可能性が高いことになります。

子供の学費のためなのでリスクを低くする手法を選んでます。

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】+¥3,058

2週連続少しだけ評価損益は増えています。

引き出せるのが28年後なので、今の投資金額では値動きも小さくて当然です。

老後資金なのでリスクを抑えるために『つみたてNISA』と同じように毎日積み立てにしたいですが、楽天証券ではその設定が出来ないため月一回1万円の積み立てにしています。

 

65歳の時に1200万円

今の設定のまま65歳まで平均利率7%で運用出来れば
【投資累計額   350万円】
【時価評価額 1200万円】
【評価損益  +850万円】になってるのが目標です。

その時にはトラリピでは1か月平均20万円稼ぐ設定にしているのが目標なので、それプラス年金でそれなりに贅沢な暮らしが出来るイメージです。

63歳で住宅ローンも払い終えるので、今の状態を維持できれば老後に不安はありません。

 

トライオートETF(TQQQ)

入出金額:1,830,000 円

2021年2月からインヴァスト証券で取引をしています。

 

Twitterの報告は以下

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】+¥25,647

先週と同様ほとんど動きませんでした。

 

資金効率

有効比率が400%くらいにならないと安心感を感じません。

それくらいまで回復したら資金移動を開始しようと思います。まだしばらく先でしょうが…。

 

 

 

130万円の含み損に慣れてきている自分が怖いです。

ポロっと妻に見られないように注意しなければなりません。

その緊張感のほうがロスカットより怖いかもしれません。

 

日足、週足、月足チャート

週足がわかりやすいですが2週連続でほとんど動いていません。

今の価格帯が前回安値付近なので、翌週は月末フローで反落してパウエル議長の発言で上昇してレジスタンス突破という流れが理想です。

 

今後の方針

有効比率が400%付近まで回復したら資金を預金とトラリピに移動させることを考えます。

一気に稼ぎたいと考えてたのでリスクを高くし過ぎましたが退場しないでいられてるのはラッキーだと思います。
設定を参考にさせていただいた方はロスカットされていたようです。金額は私には計り知れない額ですが、ご本人にはショックは大きくはなかったようなので安心しました。

資金を調整し終わったら暗号資産と同様に儲け続けられたら良いなくらいの心構えで運用したいと考えてます。

トラリピのサブポジションとしてリスクを低くすれば私と同じようにはならないはずです。

 

口座開設・維持手数料は無料

取引しなくても口座開設・維持は無料です。入金さえしなければいじりまくってもお金は減りません。

興味ある方は以下の広告から口座開設お願いします(⌒∇⌒)

トライオートETF

 

トラリピ

入出金額:720,000 円

2019年2月からマネースクエアで取引をしています。

 

Twitterの報告は以下

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】+¥28,596

評価損益も回復してきて、預託証拠金も順調に増えています。

ここにトライオートETFに貸し出した資金20万円と未積立金18万円が加われば、参考にさせていただいている鈴さんの『自分年金』EUR/JPYのトラリピを追加できます。

早くやりたくてワクワクです。

 

確定損益

EUR/GBPの一撃が大きいけど、やっぱり最近はドル建ての通貨ペアが稼ぎ頭です。

 

資産状況

トータルの入金額は72万円なので、今すぐ全決済をしてもプラスで終えられることになります。

どうしてもお金が必要な時に今ぐらいの状況でいられると助かります。

 

今後の方針

1~3月、4~6月、7~9月の平均確定損益を合計した4万3千円を引き出すことにしました。
10月にまとまった支払いがあったのでその補填用です。

相場が落ち着いていればこういう使い方も出来るので便利です。

 

ここでオススメを一つ。

始めた当初は「あっきんさん」、現在は「鈴さん」を参考に運用しています。そんなお二人が共作で本を出しています。

トラリピとはどんなものか、リスクが低い運用とはどういう考えかを知りたい方はぜひ読んでみてください。

以下のリンクから購入してみてください。

 

暗号資産つみたて

コインチェックで2021年3月からビットコイン(BTC)、12月からリップル(XRP)の積立をしています。投資額は各通貨【月1万円】です。

積立資産額

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】
BTC:‐¥1,645
XRP:+¥5,556

 

BTCはジワジワ上がっては急落を繰り返しています。他の暗号資産もBTCと似たような値動きをしている中、XRPだけ少し変わった値動きをします。

2通貨積み立てようと考えたときに、イーサリアム(ETH)にしなかったのはBTCと覇権争いをしている雰囲気で値動きは似ていたからです。

暗号資産の中でも分散投資をしている感じです。

 

今後の方針

結論から言うと、暴落していようが積み立ては継続します。

みんなが怪しんでくれたほうが、これから来ると信じている最高値更新の時にすごく儲けられるはずです。

そうなった時にやめることを考えます。

上がってるときに腹八分目で退けるマインドを鍛えていきたいです。

 

『QUOREA』や『マイメイト』という方法

GMOコインを利用して『QUOREA(暗号資産)』を運用していた時もありました。

自動売買とは言ってもAIを選ぶために相場観が必要な手法です。

やったことはありませんが、今話題の『マイメイト』も同様だと感じます。

選んだAIと相場が一致すれば24時間取引してくれるので利益は大きくなるでしょう。

私は選ぶセンスが無かったのでやめました。

こちらも口座開設・維持手数料は無料

取引しなくても口座開設・維持は無料です。入金さえしなければいじりまくってもお金は減りません。

興味ある方は以下の広告から口座開設お願いします(⌒∇⌒)

QUOREA(暗号資産)マイメイト

 

総括

値動きが乏しいのは一先ず今回までと思われます。

年末に向けてアメリカの経済指標と投資家の思惑がぶつかる予測です。

 

アメリカ経済指標

28日(月)週の前半は月末のためテクニカルが反応しにくい相場になります。

30日(水)にはFRBのパウエル議長の発言があり、その後もアメリカの経済指標が続いて12月2日(金)に雇用統計があります。

「パウエル議長の発言時」と「雇用統計発表時」には相場はある程度動くはずです。

 

運用方針

現状維持のみです。

早くトライオートETFを整理したいです。

 

43歳で投資資産額「1000万円」

『つみたてNISA』『iDeCo』の「時価評価額」と『トラリピ』の「預託証拠金」の合計額が43歳で「1000万円」に到達する計画です。

6年後です。

このブログももっと育てて本業以上に稼いでいたいです。

 

家族のために悩みたくない

投資とブログをしている理由は、家族の要望でお金を理由に悩みたくないからです。

無駄遣いは控えますが、妻が買いたいものを買ってあげ、妻が行きたい場所に連れて行ってあげ、子供たちにはやりたいことをやらせたい。

私は我が家の駐車場にカーポートバルコニーを付けたい(笑)

すぐ出来れば良いですがそれは無理な話なので気長にリスクを抑えて継続します。

お金に左右されない人生を歩んでいきたいです。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に

当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

 

【週報】投資の運用実績(2022年11月19日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介しています。

Twitterでは、『トライオートETF』と『トラリピ』の維持率を報告してます。

維持率報告のTwitterはそれぞれの報告内に載せてあります。

Twitter(https://twitter.com/yutalife_AB)では他にも『家族』『フロンターレ』『お金』『ユニクロ(服装)』のことについても発信してるので良かったらフォローしてください (^▽^)/

 

【私の合言葉】

・つみたてNISAは子供の学費。
・iDeCoは老後資金。
・トライオートETFはあぶく銭。
・トラリピは14年後の生活費。
・暗号資産つみたてもあぶく銭。

 

【目次】
◆運用実績(集計)
◆つみたてNISA
◆iDeCo
◆トライオートETF
◆トラリピ
◆暗号資産つみたて
◆総括

 

運用実績(集計)

2021年10月22日から現行のやり方で資産表を付けています。ブログでは金額を含めた週報をしています。

先週の記事はこちら

【週報】投資の運用実績(2022年11月12日時点)

 

『つみたてNISA』『iDeCo』『暗号資産つみたて』は決済した利益が積み上がるわけではなく、将来お金を使う時に評価損益がプラスになってるのを目指す投資手法です。

『つみたてNISA』『iDeCo』は子供の学費と老後資金なのでその頃にプラスになってること願ってます。『暗号資産つみたて』は本腰を入れているわけではなく、暴騰したときに売り逃げするのを目指してます。

『トライオートETF』『トラリピ』は細かく注文と決済を繰り返して、預託証拠金を大きくする手法です。

そのため評価損益はマイナスの時がほとんどで、これまでの決済益が評価損益を上回っている状態で全決済するのであれば成功です。

『トライオートETF』は勉強不足で欲に駆られたため今はひたすら耐えています。『トラリピ』は少しリスクが高くなっていますが胃が痛くなるほどのピンチは迎えないで続けられてます。

 

左が前週と今週の比較、右が1週間の資金の増減です。

1週間の資金増減

【評価損益増減】‐¥54,706

ほぼ相場は動きませんでした。

アメリカの市況

アメリカ生産者物価指数(PPI)」の結果は予想値よりも低い結果だったので、さらにインフレ圧力は低下しました。

ですが指標の発表後すぐにウクライナの隣国ポーランドにミサイルが被弾したことで地政学リスクによって株は下落しました。

どの相場もアメリカの金融政策によって左右されるため、アメリカがしていることや目指していることに対して世界がどう答えるかで道筋が見えてきます。

24日(木)はアメリカが「感謝祭」なのでアメリカ市場はお休みです。「感謝祭」翌日を「ブラックフライデー」というので25日(金)もアメリカの企業は早めに閉まるようです。

10日(木)の「アメリカ消費者物価指数(CPI)」の結果でアメリカの金融政策が転換期を迎えて、でもそのまま反転することは許さない態度をガンガンに出してきているので、どっちつかずの相場がしばらく続くと思われます。

今後の心構え

自分でトレードしてるなら、今は資金を全力投入する時じゃないです。

また大きな転換期が来る時が必ずあるので、その時までに市況を勉強して備える時期だと思います。

それではそれぞれの投資手法の報告をしていきます。

まだしばらくお付き合いください。

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

1週間の資金増減

【評価損益増減】‐¥8,881

トータルの評価損益は減りましたが預託証拠金(投資額)に対しては約8万円のプラスです。

「オールカントリー」の評価損益がたまにマイナスに転じますが、「S&P500」の評価損益はプラスを維持して推移しています。

「オールカントリー」は3300円を月一回

「オールカントリー」が悪いわけではなく、投資期間や買入れ金額の違いが大きいです。3300円程度の少額を月一回の積み立てなのでバラツキは大きくなります。

「S&P500」は1500円を毎日

メインは「S&P500」を毎日1500円積み立てるほうです。

これで1週間に7500円、月に3万円くらいを積み立てています。

理論的には一括投資のように大きい金額を少ない回数で買うほうが将来の利益は大きくなる可能性が高いです。

でもそれは暴落したときにも損失が大きくなる可能性が高いことになります。

子供の学費のためなので、メインはリスクを低くする手法を選んでます。

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

1週間の資金増減

【評価損益増減】+¥1,710

評価損益は前週より増えました。

出来れば『つみたてNISA』のように毎日の積み立てにしたいですが、楽天証券ではその設定が出来ないため月一回1万円の積み立てにしています。

 

トライオートETF(TQQQ)

入出金額:1,830,000 円

2021年2月からインヴァスト証券で取引をしています。

 

Twitterの報告は以下

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】‐¥40,032

ほとんど動きませんでした。

資金効率

有効比率が300%を割ってしまいましたが大きな値動きがある兆しがないため恐怖心はありませんでした。

普通に考えたら130万円の含み損って恐怖です。

もう麻痺してるのか、本当に心底アメリカ経済の上昇を信じてるのか。

私にもわかりません。

ただ一つ言える確かなことは、この投資の今現在の姿は『妻』には見せられません。

預金信者なので残高が減るなんて発狂します。

日足、週足、月足チャート

週足で見ても値動きが乏しかった週だとわかります。

週足の今いるところの価格帯が前回更新された安値付近なので、この辺りで反発して下落する可能性があります。

アメリカが「感謝祭」なのと年末に向けて手仕舞い傾向が合わさって下落目線のほうが強いかもしれません。

ただ、さらなる最安値更新の可能性は低いと思っています。

月足では10月11月の2か月連続で長い下髭が出ていて、11月がこのままの感じで終わればローソク足が十字線になって転換のサインになるとも取れます。

それでもこのまま上昇するのはアメリカの金融政策が許さないので注意が必要です。

今後の方針

有効比率が300%を超えてしばらく維持されそうになれば資金を抜いていくことを考えます。

それまでは数字の上下を見るだけで現状維持です。

相場観になってしまいますが、資金を抜いても200%を割らないなと思えたら預金やトラリピに資金を移動していきます。

損切も状況を見て必要であればやっていきます。

目指すのは資金100万円で【トライオートETF鈴】を1セットの運用です。

トライオートETF

トラリピ

入出金額:720,000 円

2019年2月からマネースクエアで取引をしています。

 

Twitterの報告は以下

 

1週間の資金増減

【評価損益増減】‐¥10,400

評価損益は少し増えましたが預託証拠金は順調に育ってます。

資金を戻せないので今年のトラリピ優勢相場に救われてます。

資産状況

一時、出金可能額が“ゼロ”になったのがウソのような回復です。

クラッシュ相場だと大きく稼ぐチャンスですが、これくらい静かな相場のほうが今の考えにはマッチしてます。

今後の方針

早くトラリピを育てて生活費を賄えるくらいの利益を得たいですが、やっぱり今の預金が厳しいので適宜出金するつもりです。

今月は出費が多かったのでピンチなもので。

そんなタイミングで相場が落ち着いてくれてラッキーでした。元凶は資金配分が投資に偏っていたせいですが…

ここでオススメを一つ。

始めた当初は「あっきんさん」、現在は「鈴さん」を参考に運用しています。そんなお二人が共作で本を出しています。

トラリピとはどんなものか、リスクが低い運用とはどういう考えかを知りたい方はぜひ読んでみてください。

以下のリンクからすぐ購入できます。

 

暗号資産つみたて

コインチェックで2021年3月からビットコイン(BTC)、12月からリップル(XRP)の積立をしています。投資額は各通貨【月1万円】です。

1週間の資金増減

【評価損益増減】
BTC:+¥   158
XRP:+¥2,739

こちらもほとんど動かず。

XRPは好材料が増えてきていて上昇傾向だったのですが、FTXの破産によって他の暗号資産と同様にマイナスになりました。

今後の方針

暗号資産は世間的に危険なものという認識がまだ拭えていません。

FTXの破産によって、CMに出ていただけの大谷翔平選手が訴えられたことを妻も知っていました。

投資に全く関心のない妻も「暗号資産って危険なんでしょ、やってるの?」と言わせるメディアのネガティブキャンペーンの対象になっています。

だからこそまだ先行者利益を取れる投資対象だと考えています。

怖がって大多数の人が離れたときに大口が値を釣り上げて、それに目が眩んだ人たちがまた参入してもう一度暴騰のターンが来て食い物にされると。

それを逃さないために淡々と積み立てを続けていきます。

相場観に長けているなら『QUOREA』や『マイメイト』という方法も

GMOコインを利用して『QUOREA(暗号資産)』を運用していた時もありました。

自動売買とは言ってもAIを選ぶために相場観が必要な手法だと思います。

やったことはありませんが、今話題の『マイメイト』も同様だと感じます。

選んだAIと相場が一致すれば24時間取引してくれるので利益は大きくなるでしょう。

私は選ぶセンスが無かったのでやめました。

QUOREA(暗号資産)マイメイト

総括

11月21日の週も同様に動きの乏しい週になりそうです。

アメリカの金融政策の見通し

23日(水)の夜中に「FOMCの議事要旨」があるので動くとしたらそのタイミングかなと。

動くにしてもあまり良い方向にとも考えにくいです。インフレ率は依然高いところにありますし、金利の上限もまだ上を目指す可能性もあるためです。

運用方針

どれも基本的に現状維持です。

週報のためにも含み損益の値動きは気にしていますが、気にしても結果は市場が決めます。

自分でトレードしてた時より楽しい

FXを自力で売買してたときは、儲からなくてもゲーム感覚で証拠金の増減を楽しんでました。

儲かるためにやってるはずが麻痺してしまうんですよね。

あの時の資金を今の手法に分配してれば普通に儲かってたと思います。でもあの時があるから今があるとも言えます。

今は自分でトレードしなくても、市場の予測をある程度立てて相場を俯瞰で見る楽しさに目覚めてます。

あの時より精度が上がっているので、単純に相場を読めていることが楽しいです。

これからしばらくは待つ相場

まだドル安、株高トレンドになるには時間が掛かりそうです。

ジリジリと株高になってはFOMCの声明等でガクッと落とされるのを繰り返すみたいな。そんな相場が続く予感がします。

耐えた先に光が射すと良いなぁ。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に

当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

 

【週報】投資の運用実績(2022年11月12日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介していきます。
Twitterでは、トラリピとトライオートETFの維持率を報告しています。

以下はTwitterの週報です。

運用実績(集計)

2021年10月22日から現行のやり方で資産表を付けています。ブログでは金額を含めた週報をしています。

先週の記事はこちら

左が前週と今週の比較、右が1週間の資金の増減です。

【評価損益】で比較していきます。

トライオートETFとトラリピの高騰、暗号資産(仮想通貨)の急落が大きく、集計では先週より25万円のプラスとなりました。

やっぱり重大ニュースは10日(木)の『アメリカ消費者物価指数(CPI)』の結果発表でしょう。

『消費者物価指数(CPI) 前月比(10月)』
『消費者物価指数(CPI) 前年同月比(10月)』
『消費者物価指数(CPIコア指数) 前月比(10月)』
『消費者物価指数(CPIコア指数) 前年同月比(10月)』

上記の結果が軒並み悪かったことによって「ドル安、金利低下、株高」で中身の伴った連動が見られました

これによってアメリカの金融政策は転換期に入ったと言えます。

これまで0.75%利上げを4会合連続で行ってきましたが、次回12月は0.5%利上げの可能性が高くなりました。また、来年の2月には0.25%利上げとなって、その後は高い金利を維持してくと思われます。

ここで重要なのは、アメリカが金利をすぐに下げてくるわけではないということです。ただ、日米の金利差は縮小傾向と考えられるので、今後ドル円が150円に戻るのは非常に難しく、145円がレジスタンスラインになり、そこを上抜けるには新しい何か(インフレの再燃等)が起こらない限り難しいでしょう。

アメリカの金融政策が相場に与える影響は凄まじく、ファンダメンタルズの重要性を思い知らされる近頃です。

アメリカのやりたいことは明確で、インフレ率を2%近くまで戻すことです。これからも経済指標の数値次第で相場は乱高下すると思っていたほうが良いでしょう。

今後注目なのは中国経済です。

中国経済はゼロコロナ政策のため、経済がほぼ止まっている状態です。ただ、「入国者と濃厚接触者に義務付けられている隔離期間の短縮」となったため、アメリカに上場している中国株も上昇しました。

中国経済が動き出せばさらに株高には好影響でしょう。

暗号資産にも触れておきます。

近年、株式と連動した値動きをすることが多く見られたのですが、CPIの結果発表によって株高になったにも関わらず暗号資産は大暴落しました。

その理由は、FTXという大手取引所が破産したためです。利用者の間でも資金の返金は期待できないだろうとの失望が広がっているようです。

今年破産した企業としては最大規模みたいです。

15日(火)には『生産者物価指数』の発表があります。

仕入値が上がっていれば売値が上がるため、結果次第でさらにドル安が継続する可能性を頭に入れておきましょう。

そうなるとさらに株高になるので、どこかでブレーキが掛けられると思われます。

株高になればそれで儲けた人が消費するためインフレ再燃となってしまいます。それはFRBが許さないでしょう。

今後もファンダメンタルズの変化を客観的に捉えて、落ち着いた投資を心掛けたいです。

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

【評価損益増減】+¥12,610

評価額は「オールカントリー」がたまにマイナスに転じますが、ドル高株安だろうとドル安株高だろうと「S&P500」はプラスを維持して推移しています。

長く積み立てを続けていると暴落も高騰も資産は経験していきます。

暴落を経験した後の含み益はそう簡単にマイナスに転換することはないということが経験でわかりました。

保証はありませんが、今から積み立てを始めた人は含み損を抱える期間は短く済む気がします。

しかし最初から上手くいくと、私のトライオートETFみたいに有頂天になって結局マイナスに転じる可能性が高いです。

耐えられる資金で暴落は経験したほうが長期でトータルの成績は良くなると思われます。

世の投資家さんたちは大体が大きな損切りを経験しているようです。そこからどうするか、何を学ぶかで将来の収益が変わってくるのでしょう。

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

【評価損益増減】‐¥8,510

評価損益は前週より減っていますがプラスは維持しています。

トライオートETF(TQQQ)

入出金額:1,830,000 円

2021年2月からインヴァスト証券で取引をしています。

【評価損益増減】+¥196,548

10日(木)のアメリカCPI結果によって高騰しました。

有効比率も300%を久し振りに越えてホッとしています。ただ冒頭にも書いた通り油断は出来ません。

アメリカの金融政策は転換期に突入しましたが、すぐに金利低下株高になるわけではありません。

FRBが経済を調整しながら、ゆっくりと上昇傾向にさせていくと思われるため元の水準に戻るのは時間が掛かるでしょう。

それでも今後の値動きは期待値が高いので、様子を見ながら資金を抜いていこうと考えています。

預金比率を上げるためと、トラリピに資金を回すつもりです。

損切も状況を見て必要であればやっていきます。

目指すのは資金100万円で【トライオートETF鈴】を1セットの運用にしたいと考えています。

トラリピ

入出金額:720,000 円

2019年2月からマネースクエアで取引をしています。

【評価損益増減】+¥122,849

アメリカの金融引き締めによって溜まっていたドル建てとカナダ円の含み損が一気に放出されました。

今年のトラリピは絶好調です。参考にさせていただいている鈴さんも言ってましたが、ETFが動く年とFXが動く年があるので両方やってると常に利益を得られると。

先週考えたトラリピの利益を少し出金するのは今のところ保留にしています。

今後の値動きが悪い方向に行かないとも限らないので、預金が足りなくなるギリギリまで引き出すのはやめました。

ここでオススメを一つ。
始めた当初は「あっきんさん」、現在は「鈴さん」を参考に運用しています。そんなお二人が共作で本を出しています。
トラリピとはどんなものか、リスクが低い運用とはどういう考えかを知りたい方はぜひ読んでみてください。
以下のリンクからすぐ購入できます。

暗号資産つみたて

コインチェックで2021年3月からビットコイン(BTC)、12月からリップル(XRP)の積立をしています。投資額は各通貨【月1万円】です。

【評価損益増減】BTC:‐¥35,397 、 XRP:-¥35,028

大暴落しました。

前述した通り、FTXという暗号資産の大手取引所が破産したことによってです。今年破産した企業としては最大規模とのことです。

近年は株式と連動する動きをしていた暗号資産ですが、今回のアメリカCPI結果発表時には全く連動しませんでした。

暗号資産の市場も大きくはなってきていますが、さすがに株式や為替、債券市場には遠く及ばず、機関投資家のポートフォリオでも割合は高くないだろうと推測できます。

そのため、この大暴落でも暗号資産界隈以外では影響は限定的と言われています。

私は積立組なので、将来的に上がっていく期待値の高いものが暴落するのはウェルカムです。資金の割合が低いのも安心材料です。

BTCは、GMOコインを利用して【QUOREA(暗号資産)】を運用していました。

今回のような下落相場が苦手でしたが、データを見る限りしっかりと儲けている方は多くいるようです。

相場の方向感を客観的に判断できる方にはオススメだと思います。

長期的なトレンドは余程のことがない限り続くわけで、その方向に合ったAIを仕掛けていれば24時間常に取引してくれるのは魅力です。

今は下限に近い位置で上昇を待ちわびている状況に感じます。これから始める人には損失は小さいかもしれません。

総括

いよいよアメリカの金融政策が転換期に突入しました。

油断は大敵ですが、これまで以上に市況が悪くなるにはそれなりの材料が必要になったと言えます。

トライオートETFの資金回収にはまだ時間は掛かりそうですが、このままならロスカットになる可能性は格段に下がったと言えます。

来年は資金を抜けたとして、そうした途端に今度はETFが暴騰したりするんでしょう。相場とはそんなものです。

相場は未来永劫ずっと同じ方向に進み続けることはありません。

資金に余裕はありませんが、お金がないからこそ利回りを利用していかなければなりません。

収入のみで全ての支出を賄える保証があるなら投資はしません。

リスクを調整しながら「相場に儲けさせてもらう」ということを念頭に置いて投資をしていきたいです。

【私の合言葉】

・つみたてNISAは10年後の子供の学費に。
・iDeCoは28年後からの老後のために。
・トライオートETFはあぶく銭。
・トラリピは14年後の生活費。
・暗号資産つみたてもあぶく銭。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

最後に、
当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

【週報】投資の運用実績(2022年11月5日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介していきます。
Twitterでは、トラリピとトライオートETFの維持率を報告しています。

以下はTwitterの週報です。

運用実績(集計)

2021年10月22日から現行のやり方で資産表を付けています。ブログでは金額を含めた週報をしています。

先週の記事はこちら

左が前週、右が今週です。

一番右の『%』は評価額の比較です。
【(今週の評価額 ÷ 先週の評価額)-1】で計算しています。

トライオートETFの急落と暗号資産の上昇が顕著でした。

アメリカ市場はとても敏感になっています。
これ以上のドル高は世界経済を苦しめるため、ドル安になるようにリーク記事を書かせました。しかし、ドル安に反応して今度はアメリカ株が上昇してしまいました。株価が上がってしまうと儲けた人が経済にお金を回してしまうのでインフレも進んでしまいます。そこでまたドル高・株安の記事を書かせて、ある意味で市場を操作しました。
そんな中迎えたFOMCでも、この先どっちに進んでいくか読みにくい展開となりましたが、FRBにとってはどちらにも動ける体制を整えたと言えます。

利上げは継続されるけど、ペースは落とすかも。でもすぐじゃない。
中国のゼロコロナ政策が見直されるかもしれないのでドル安が加速する可能性も出てきた。
ドル安方向に向かうと株高に向かう可能性もある。

そんな中10日(木)に迎える『アメリカ消費者物価指数
景気が悪くなっていれば株には好材料。

景気が悪くなるのを願うのも心が落ち着かないですが、私には『待つ』しか出来ません。
相場からいなくならないことが重要です。

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

前週の含み益 +¥88,414 から +¥80,195 に減りましたが、含み益に変わりはありません。

ドル安と株高のペースで考えると、ドル安のほうが早そうだなと感じます。そうなると含み益も減っていくフェーズだと思います。

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

評価額は増えました。

『つみたてNISA』と同じくアメリカ株に投資していますが、ファンドや運用方法の違いで差が出るのだなとわかりました。

 

トライオートETF(TQQQ)

投資額:1,830,000 円
証拠金:1,644,429 円
全損益: -185,571 円(金利等含む)

2021年2月からインヴァスト証券で取引をしています。

急降下でした。

金曜日に中国のゼロコロナ政策見直しの可能性によって少し戻したので救われました。おそらくこの辺りの安値を下限に、直近高値を上限にレンジ相場に入る予感がします

損切は状況を見てやっていきたいですが、基本はこのまま様子見でいます。

上昇相場に変わって含み損がおおよそ解消したら、改めて【トライオートETF鈴】の設定で運用をしたいと考えています。

 

トラリピ

投資額: 720,000 円
証拠金:1,081,427 円
全損益: +361,427 円

2019年2月からマネースクエアで取引をしています。

10月はそのまま【月利3.6%】でした。もう一度言います、詐欺レベルです(笑)。

今週については【NZD/USD】【USD/CAD】の売トラリピが好調な一週間でした。

この週は次女の幼稚園入園金や、長女の誕生日ランチでお金が飛んでいきました。そのため、トラリピの利益を少し出金しようと考えています。
1月から3か月ごとに、3か月の平均利益の80%。出金し過ぎるとゴールが遠ざかることと、税金も考慮してそうしました。
証拠金維持率も下がってヒヤヒヤしそうですが、生活資金が無くなることのほうが大事件です。

ここでオススメを一つ。
始めた当初は「あっきんさん」、現在は「鈴さん」を参考に運用しています。そんなお二人が共作で本を出しています。
トラリピとはどんなものか、リスクが低い運用はどういう考えかを知りたい方はぜひ読んでみてください。
以下のリンクからすぐ購入できます。

暗号資産つみたて

コインチェックで2021年3月からビットコイン(BTC)、12月からリップル(XRP)の積立をしています。投資額は各通貨【月1万円】です。

急上昇しました。

金曜日の中国ゼロコロナ政策見直しによるものかと思われます。
やはり中国もアメリカに次いで見逃せない国というのがわかりました。経済が動き出すのは投資家にとってこの上ないことなので、どんどん上がっていってほしいです。

BTCは、【QUOREA(暗号資産)】をGMOコインでも運用していました。私が運用していた相場は下落開始頃だったので相当難しかったです。
今は下限に近い位置で上昇を待ちわびている状況に感じます。これから始める人には損失は小さいかもしれません。

 

総括

今後が不透明な一週間でした。

特にトライオートETFがこのまま下落していくのか、私の予感通りレンジに入るのか、我慢しきれず上昇していくのか。下落以外はウェルカムです。

現金の手持ちも減ってきてしまったため、トラリピ利益の出金も開始することにしました。昨年はウハウハな1年でしたが、今年は打って変わって厳しい1年です。
しかし、相場はずっと同じ方向に進み続けることはありません。大きなトレンド方向があったりレンジがあったり。相場に居続けさえすれば、またウハウハな1年が来るはずです。信じて投資をしていきましょう。

    • つみたてNISAは10年後の子供の学費に。
    • iDeCoは28年後からの老後のために。
    • トライオートETFはあぶく銭。
    • トラリピは14年後の生活費。
    • 暗号資産つみたてもあぶく銭。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に、
当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

【書評】マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門

マネーという名の犬

 

こんにちは、ゆう太です。
これまで読んだ本でオススメなものを紹介します。

今回は、『マネーという名の犬 12歳からの「お金」入門』です。

投資の勉強を始めたばかりの初心者で、小学生の子供(特に娘)がいるお父さんに特にオススメの本です。

オススメのポイントを説明していきます。

 

投資の基礎を学べる

副タイトルに「入門」とある通り、投資の基礎が学べる本です。
同じように「12歳からの」と副タイトルにありますが、大人でも十分に勉強になる内容です。12歳(6年生、中学1年生)に満たない10歳(4年生、5年生)や、早ければ2年生・1年生にも伝えられる内容が豊富に詰まっています。
まだ読める漢字が少ない低学年の子供には、書かれている内容の事柄を“日常”に変換して教えてあげると理解しやすいです。

この本では主人公の少女『キーラ』がお小遣い稼ぎのために近所の犬の散歩を請け負います。
例えばこの部分からヒントを得て、我が家では長女に「お水屋さん」をしてもらっています。2リットルのペットボトルに、近所の薬局で無料のお水を汲んでくる仕事です。それを私が1本100円で買い取ります。この収入は全て長女のお小遣いとなります。

長女はまだ小学校2年生なので、100円を貰える嬉しさでやってくれています。
ずっと続けてくれるようでしたら、高学年になるにつれて「効率化」や「単価を上げる方法」「値上げの方法」を一緒に考えながらビジネスを教えたいと思ってます。

 

お父さんは泣いちゃいます

主人公は『キーラ』という少女です。
最初はお小遣い欲しさに情報を得ていましたが、段々とお金について学ぶようになり、仲間を作ってさらに学んで、学んだ知識を自分の言葉で人に伝えられるようになります。

子育てをしているパパなら理解していただけると思いますが、子どもが成長していく姿には涙が溢れます。
小さくて届かなかった遊具でいつの間にかぶら下がっていたり、抱っこしながら乗っていたブランコも一人で立ち漕ぎしたり、抱っこや手を繋いで歩いた道を一人でどんどん進んでいたり。数えればキリがないほどの成長を見守っているお父さんならこの本は絶対に泣いちゃいます

 

物語調なので読みやすい

投資の本の多くは、理路整然と硬い文章で書かれているものが多い印象です。図解が多くある本もありますが、やはり大人向けの本なので図の説明も難しい。

その点、物語は図を見るよりもイメージが頭の中に拡がります。その情景は人によって様々ですが、浮かんでくる景色は個人の経験から生み出されるものです。だから物語調は理解がしやすくなります。

しかし、物語は好きなところから読むということには適していません。学びたいところだけ読むというなら「硬い文章の本」のほうが良いかもしれません。ですが、物語は待った無しに進むことによって先が気になります。隙間時間が1日に少ししかない忙しいお父さんでも、先が気になるという効果で読むモチベーションを維持出来ます。
私は夜9時には眠くなり、本を読み出すと気付いたら寝てしまっています。そのため、勉強したいことがあるときは物語調の本やマンガで学べる本を選ぶことで先が気になるワクワク感を持てるように工夫しています。

 

投資初心者のお父さんにオススメ

投資を始めたばかりで色々と本を読んできたけど、途中で飽きて投げ出した本がある人、難しくて理解しきれてないけど頑張って読んでる本がある人に読んでみてほしいです。
お小遣いを貰いだした小学生にもオススメです。

けっこうサクッと読めちゃいます。でも基礎は網羅してる。

【週報】投資の運用実績(2022年10月29日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介していきます。
Twitterでは、トラリピとトライオートETFの維持率を報告しています。

運用実績(集計)

2021年10月22日から現行のやり方で資産表を付けています。ブログでは金額を含めた週報をしています。

先週の記事はこちら

左が前週、右が今週です。

一番右の『%』は評価額の比較です。
【(今週の評価額 ÷ 先週の評価額)-1】で計算しています。

全て上昇傾向の相場でした。

巷では政府・日銀の円安対応が騒がれていますが、一個人が何を言っても変わる話ではないので私は何も言えません。ただ、投資を促している以上最低限の説明は必要だなとは感じます。政府はどの政策に対しても難しくして情報弱者を食い物にしているとさえ感じてしまうので。

話は逸れましたが、週報について。
市場の操作は私には出来ないにしても、「今はどういう状況なのか」、「市場がどこに向かっているのか」は把握しておかなければなりません。

今はどうしても『ドル高、円安、金利高、株安』の状況です。日米の政策金利の方針や現状を考えれば、方向感はそうならざるを得ません。
ただ、週の中頃にアメリカの金利上昇スピードが少し弱まる見方が出てきたため、今後は『全てどっちつかず』の状況が見られることが増えるのではないかと考えます。

何はともあれ、私には『耐えて待つ』しか出来ません。
相場からいなくならないことが重要です。

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

前週の含み益 +¥79,164 から +¥88,414 に増えました。

基本アメリカ株を積み立てているので、今は株式の価格が下落していても1ドルの値段が上がっているので全体の評価額がプラスで推移しています。どちらかのスピードに大きな差が生まれれば評価額もマイナスになると思いますが、基本的に連動するものなので大きくマイナスに振れる可能性は低いと考えます。

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

評価額は微増です。

こちらもアメリカ株の積み立てなので『つみたてNISA』と考え方は同じです。ただ、選んだファンドや掛金、運用の目的が違うので今後は差が出てくると思います。

 

トライオートETF(TQQQ)

投資額:1,830,000 円
証拠金:1,645,123 円
全損益: -184,877 円(金利等含む)

2021年2月からインヴァスト証券で取引をしています。

週半ばに金利上昇スピードの鈍化情報があったためアメリカ株が上昇しました。評価額も復調してきて少し気分は和らいでいます。ただ、上昇相場に転じたかというとそうではなく、これまでと少し様子が変わってきたかなと市場が反応しているところだと感じます。

先週に引き続き、今は状況を見て少しずつ損切りをしながら、再び上昇局面になることを待ちわびています。含み損が解消してきたら、改めて【トライオートETF鈴】の設定で運用をしたいと考えています。

 

トライオートFX(AUD/NZD)

2021年10月にトラリピから独立させるかたちで運用を開始し、2022年9月に損切りで運用を終了しました。
トラリピからだと2021年2月から運用していたことになります。

最終損益は -35,698 円で、引出額は +245,062円でした。

今後の報告ではこのカテゴリーは削除します。

 

トラリピ

投資額: 720,000 円
証拠金:1,075,565 円
全損益: +355,565 円

2019年2月からマネースクエアで取引をしています。

10月はあと1日を残して【月利3.6%】です。詐欺レベルです(笑)。
これまではアメリカの金利上昇によるドル高の勢いが凄すぎて含み損がバンバン増えていましたが、それに耐えたら一気に確定利益が積み上がっていきました。

市場は退場しないで、居続けることが重要なのがわかってもらえると思います。

始めた当初は「あっきんさん」、現在は「鈴さん」を参考にしています。そんなお二人が共作で本を出しています。
トラリピとはどんなものか、リスクが低い運用はどういう考えかを知りたい方はぜひ読んでみたほうが良いです。

暗号資産つみたて

コインチェックで2021年3月からビットコイン(BTC)、12月からリップル(XRP)の積立をしています。投資額は各通貨【月1万円】です。

BTCはアメリカ株に連動する傾向が強いために評価額が上昇しました。XRPも最近は前向きなニュースが増えているので、上昇圧力が増しているように感じます。このまま両者ともどんどん上がってほしいものです。

BTCは、【QUOREA(暗号資産)】をGMOコインでも運用していましたが、私には使いこなせなかったためやめました。BTCはアメリカ株と同様、長期目線で上昇傾向の期待値が高いことから積み立てにシフトしました。
BTCが王道だったので、もう一つアルトコインも積み立てたいと思いXRPも積み立てることにしました。
理由はフィーリングです。2番手より3番手にしーよぉっとって感じです。割安だったのも理由の一つです。

 

総括

全ての運用が上昇だったため気持ちのいい1週間でした。長期目線で考えると、今の低調な相場が長続きして割安なものを多く仕込んでいたいですが、トライオートETFとXRP積立は整理したいので早く上がってほしいとも考えてしまいます。

職場でも円安の話題は出てきて、政府や日銀のことを好き勝手にやんややんや言っています(笑)。私は冒頭で言った通り『一個人は何か言える立場にいない』と考えているので政策等に意見を言うつもりはありません。今起こっていることを客観視して相場に居続けることを考えています。

    • つみたてNISAは10年後の子供の学費に。
    • iDeCoは28年後からの老後のために。
    • トライオートETFはあぶく銭。
    • トラリピは14年後の生活費。
    • 暗号資産つみたてもあぶく銭。

相場はずっと同じ方向に進み続けることはありません。大きなトレンド方向があったりレンジがあったり。それらを見極めて運用し、相場に居続ければ未来は明るいと信じて投資をしていきましょう。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に、
当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

【週報】投資の運用実績(2022年10月22日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介していきます。
Twitterでは、トラリピとトライオートETFの維持率を報告しています。

運用実績(集計)

2021年10月22日から資産表を付け始めて1年が経過したので、今後はこれを機にブログで金額を含めた週報をしていきます。
今後は左を前週、右を今週としていきます。


※2021/10/22のBTC積立投資額は、口座への入金総額。

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

こちらは今のところ全ての月で評価額はプラスで推移しています。

 

トライオートETF(TQQQ)

投資額:1,830,000 円
証拠金:1,645,813 円
全損益: -184,187 円(金利等含む)

2021年2月からインヴァスト証券で取引を開始しました。

当初はトラリピで有名な『鈴さん』を参考に、【トライオートETF鈴】という設定で運用していました。
皆さんご存知の通り、2021年は稀にみる上昇相場だったため、含み損をほとんど抱えることなく確定益が積み上がっていく状況でした。そのため “初心者あるある” の物足りなさを感じてしまったのです。
ハッキリとは覚えていないのですが、2021年9月末辺りに利益追求型の設定に変更したかと思います。
そして10月、12月を確定益が10万円を超えたことによってさらに感覚は麻痺し、2021年12月から始まった米国株大暴落に巻き込まれてしまいました。

今思えば、テクニカル的にもファンダメンタルズ的にも下落は予感できたのですが、これまでの利益を減らしたくないがために損切りを出来ませんでした。

今は状況を見て少しずつ損切りをしながら、再び上昇局面になることを待ちわびています。
含み損が解消してきたら、改めて【トライオートETF鈴】の設定で運用をしたいと考えています。

 

トライオートFX(AUD/NZD)

2021年10月にトラリピから独立させるかたちで運用を開始しました。
トラリピからだと2021年2月から運用してることになります。

トラリピは、これまた界隈で有名な『あっきんさん』を参考にして【CAD/JPY】【EUR/JPY】で運用していた同口座にて、『鈴さん』の【ナローレンジ戦略】を開始しました。
運用していくにつれて、『あっきんさん』の運用方法は私には合わないなと感じたため(合う人には合うので否定しているわけではないです。)、『鈴さん』の【自分年金作り】にシフトしました。
その道中で運良くトライオートFXに移行することが出来ました。

順調に高利率で稼働してくれていたのですが、確定益が “0” の月が続き、界隈では損切りで終了の声が大きくなってきたため、残念ながら2022年9月に損切りをして運用を終了としました。

最終損益は -35,698 円で、引出額は +245,062円でした。

最近はまた下落してきていて、続けていたらプラスで終われていたんじゃないかと思ってしまいますが、このとき引き出した資金を一部トライオートETFに回して生き長らえているので、これで良かったと言わざるを得ません。

 

トラリピ

投資額: 720,000 円
証拠金:1,063,878 円
全損益: +347,032 円

2019年2月からマネースクエアで取引を開始しました。

主力です。

現在はトライオートETFに20万円を貸し出しています。それが帰ってくれば維持率にヒーヒー言わないで済むはずです。
本来は証拠金120万円で追加する【USD/CAD】も稼働しています。アメリカ株が暴落する前に設定していたためです。

トラリピは証拠金2000万円になるまで育て、その運用益を生活費にすることを目指しています。
それがだいたい14年後。

それまでは絶対にロスカットさせないように気を付けます。

 

QUOREA BTC

2021年3月に開始し、2022年5月に終了しました。
35万円投資して残ったのは 30,474円でした。

あまり理解していないのに手を出して、かつAIの選び方が悪かったためです。さらに下落トレンドも合わさって見る見るうちに資金は減っていきました。

上手く設けられている人はいると思いますが、私はもうやらないと思います。

 

暗号資産つみたて

2021年 月からコインチェックで積立を開始しました。投資額は各通貨 月1万円です。
【QUOREA BTC】では儲からなそうだなと感じ、BTCは今後アメリカ株と同じで暴落はしても上昇の期待値が高いことから積み立てにシフトすることにしました。
BTCが王道だったので、もう一つアルトコインも積み立てたいと思いXRP(リップル)も積み立てることにしました。
理由は感覚です。2番手より3番手にしーよぉっとって感じです。割安だったのも理由の一つです。

 

総括

つみたてNISA、iDeCo、暗号資産つみたては上がると嬉しいですが基本的に感情は無です。目標が10年以上先にあるので安全運転をしているためです。

つみたてNISAは10年後の子供の学費に。
iDeCoは28年後からの老後のために。
暗号資産つみたては爆益になれば良いな程度。

トラリピも14年後の生活費のための運用ですが、確定損益が出るので一喜一憂してしまいます。証拠金が戻ってくれば感情も排除できると信じています。

トライオートETFには本当に悩まされています。
少し明るい話題が出てきてはいますが、まだまだ下目線には変わらないのかなと。
何とかロスカットしないようにして、含み損を取り返したいです。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に、当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。