【週報】投資の運用実績(2022年11月5日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介していきます。
Twitterでは、トラリピとトライオートETFの維持率を報告しています。

以下はTwitterの週報です。

運用実績(集計)

2021年10月22日から現行のやり方で資産表を付けています。ブログでは金額を含めた週報をしています。

先週の記事はこちら

左が前週、右が今週です。

一番右の『%』は評価額の比較です。
【(今週の評価額 ÷ 先週の評価額)-1】で計算しています。

トライオートETFの急落と暗号資産の上昇が顕著でした。

アメリカ市場はとても敏感になっています。
これ以上のドル高は世界経済を苦しめるため、ドル安になるようにリーク記事を書かせました。しかし、ドル安に反応して今度はアメリカ株が上昇してしまいました。株価が上がってしまうと儲けた人が経済にお金を回してしまうのでインフレも進んでしまいます。そこでまたドル高・株安の記事を書かせて、ある意味で市場を操作しました。
そんな中迎えたFOMCでも、この先どっちに進んでいくか読みにくい展開となりましたが、FRBにとってはどちらにも動ける体制を整えたと言えます。

利上げは継続されるけど、ペースは落とすかも。でもすぐじゃない。
中国のゼロコロナ政策が見直されるかもしれないのでドル安が加速する可能性も出てきた。
ドル安方向に向かうと株高に向かう可能性もある。

そんな中10日(木)に迎える『アメリカ消費者物価指数
景気が悪くなっていれば株には好材料。

景気が悪くなるのを願うのも心が落ち着かないですが、私には『待つ』しか出来ません。
相場からいなくならないことが重要です。

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

前週の含み益 +¥88,414 から +¥80,195 に減りましたが、含み益に変わりはありません。

ドル安と株高のペースで考えると、ドル安のほうが早そうだなと感じます。そうなると含み益も減っていくフェーズだと思います。

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

評価額は増えました。

『つみたてNISA』と同じくアメリカ株に投資していますが、ファンドや運用方法の違いで差が出るのだなとわかりました。

 

トライオートETF(TQQQ)

投資額:1,830,000 円
証拠金:1,644,429 円
全損益: -185,571 円(金利等含む)

2021年2月からインヴァスト証券で取引をしています。

急降下でした。

金曜日に中国のゼロコロナ政策見直しの可能性によって少し戻したので救われました。おそらくこの辺りの安値を下限に、直近高値を上限にレンジ相場に入る予感がします

損切は状況を見てやっていきたいですが、基本はこのまま様子見でいます。

上昇相場に変わって含み損がおおよそ解消したら、改めて【トライオートETF鈴】の設定で運用をしたいと考えています。

 

トラリピ

投資額: 720,000 円
証拠金:1,081,427 円
全損益: +361,427 円

2019年2月からマネースクエアで取引をしています。

10月はそのまま【月利3.6%】でした。もう一度言います、詐欺レベルです(笑)。

今週については【NZD/USD】【USD/CAD】の売トラリピが好調な一週間でした。

この週は次女の幼稚園入園金や、長女の誕生日ランチでお金が飛んでいきました。そのため、トラリピの利益を少し出金しようと考えています。
1月から3か月ごとに、3か月の平均利益の80%。出金し過ぎるとゴールが遠ざかることと、税金も考慮してそうしました。
証拠金維持率も下がってヒヤヒヤしそうですが、生活資金が無くなることのほうが大事件です。

ここでオススメを一つ。
始めた当初は「あっきんさん」、現在は「鈴さん」を参考に運用しています。そんなお二人が共作で本を出しています。
トラリピとはどんなものか、リスクが低い運用はどういう考えかを知りたい方はぜひ読んでみてください。
以下のリンクからすぐ購入できます。

暗号資産つみたて

コインチェックで2021年3月からビットコイン(BTC)、12月からリップル(XRP)の積立をしています。投資額は各通貨【月1万円】です。

急上昇しました。

金曜日の中国ゼロコロナ政策見直しによるものかと思われます。
やはり中国もアメリカに次いで見逃せない国というのがわかりました。経済が動き出すのは投資家にとってこの上ないことなので、どんどん上がっていってほしいです。

BTCは、【QUOREA(暗号資産)】をGMOコインでも運用していました。私が運用していた相場は下落開始頃だったので相当難しかったです。
今は下限に近い位置で上昇を待ちわびている状況に感じます。これから始める人には損失は小さいかもしれません。

 

総括

今後が不透明な一週間でした。

特にトライオートETFがこのまま下落していくのか、私の予感通りレンジに入るのか、我慢しきれず上昇していくのか。下落以外はウェルカムです。

現金の手持ちも減ってきてしまったため、トラリピ利益の出金も開始することにしました。昨年はウハウハな1年でしたが、今年は打って変わって厳しい1年です。
しかし、相場はずっと同じ方向に進み続けることはありません。大きなトレンド方向があったりレンジがあったり。相場に居続けさえすれば、またウハウハな1年が来るはずです。信じて投資をしていきましょう。

    • つみたてNISAは10年後の子供の学費に。
    • iDeCoは28年後からの老後のために。
    • トライオートETFはあぶく銭。
    • トラリピは14年後の生活費。
    • 暗号資産つみたてもあぶく銭。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に、
当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました