【週報】投資の運用実績(2022年10月22日時点)

こんにちは、ゆう太です。

この記事ではわたしの投資運用実績(週報)を紹介していきます。
Twitterでは、トラリピとトライオートETFの維持率を報告しています。

運用実績(集計)

2021年10月22日から資産表を付け始めて1年が経過したので、今後はこれを機にブログで金額を含めた週報をしていきます。
今後は左を前週、右を今週としていきます。


※2021/10/22のBTC積立投資額は、口座への入金総額。

 

つみたてNISA

2019年3月から楽天証券で運用中です。
2021年9月に取引内容を整理し、以下の設定で運用をしています。

コロナが世界中に広まり始めた少し後の2020年2~4月を除いた全ての月で、評価額はプラスで推移しています。

 

iDeCo

2021年4月から楽天証券で運用中です。
2020年に前職を退職して企業DCが利用できなくなりました。そのため楽天証券でiDeCo口座を開設し、企業DCから資金を移動して運用を開始しました。

こちらは今のところ全ての月で評価額はプラスで推移しています。

 

トライオートETF(TQQQ)

投資額:1,830,000 円
証拠金:1,645,813 円
全損益: -184,187 円(金利等含む)

2021年2月からインヴァスト証券で取引を開始しました。

当初はトラリピで有名な『鈴さん』を参考に、【トライオートETF鈴】という設定で運用していました。
皆さんご存知の通り、2021年は稀にみる上昇相場だったため、含み損をほとんど抱えることなく確定益が積み上がっていく状況でした。そのため “初心者あるある” の物足りなさを感じてしまったのです。
ハッキリとは覚えていないのですが、2021年9月末辺りに利益追求型の設定に変更したかと思います。
そして10月、12月を確定益が10万円を超えたことによってさらに感覚は麻痺し、2021年12月から始まった米国株大暴落に巻き込まれてしまいました。

今思えば、テクニカル的にもファンダメンタルズ的にも下落は予感できたのですが、これまでの利益を減らしたくないがために損切りを出来ませんでした。

今は状況を見て少しずつ損切りをしながら、再び上昇局面になることを待ちわびています。
含み損が解消してきたら、改めて【トライオートETF鈴】の設定で運用をしたいと考えています。

 

トライオートFX(AUD/NZD)

2021年10月にトラリピから独立させるかたちで運用を開始しました。
トラリピからだと2021年2月から運用してることになります。

トラリピは、これまた界隈で有名な『あっきんさん』を参考にして【CAD/JPY】【EUR/JPY】で運用していた同口座にて、『鈴さん』の【ナローレンジ戦略】を開始しました。
運用していくにつれて、『あっきんさん』の運用方法は私には合わないなと感じたため(合う人には合うので否定しているわけではないです。)、『鈴さん』の【自分年金作り】にシフトしました。
その道中で運良くトライオートFXに移行することが出来ました。

順調に高利率で稼働してくれていたのですが、確定益が “0” の月が続き、界隈では損切りで終了の声が大きくなってきたため、残念ながら2022年9月に損切りをして運用を終了としました。

最終損益は -35,698 円で、引出額は +245,062円でした。

最近はまた下落してきていて、続けていたらプラスで終われていたんじゃないかと思ってしまいますが、このとき引き出した資金を一部トライオートETFに回して生き長らえているので、これで良かったと言わざるを得ません。

 

トラリピ

投資額: 720,000 円
証拠金:1,063,878 円
全損益: +347,032 円

2019年2月からマネースクエアで取引を開始しました。

主力です。

現在はトライオートETFに20万円を貸し出しています。それが帰ってくれば維持率にヒーヒー言わないで済むはずです。
本来は証拠金120万円で追加する【USD/CAD】も稼働しています。アメリカ株が暴落する前に設定していたためです。

トラリピは証拠金2000万円になるまで育て、その運用益を生活費にすることを目指しています。
それがだいたい14年後。

それまでは絶対にロスカットさせないように気を付けます。

 

QUOREA BTC

2021年3月に開始し、2022年5月に終了しました。
35万円投資して残ったのは 30,474円でした。

あまり理解していないのに手を出して、かつAIの選び方が悪かったためです。さらに下落トレンドも合わさって見る見るうちに資金は減っていきました。

上手く設けられている人はいると思いますが、私はもうやらないと思います。

 

暗号資産つみたて

2021年 月からコインチェックで積立を開始しました。投資額は各通貨 月1万円です。
【QUOREA BTC】では儲からなそうだなと感じ、BTCは今後アメリカ株と同じで暴落はしても上昇の期待値が高いことから積み立てにシフトすることにしました。
BTCが王道だったので、もう一つアルトコインも積み立てたいと思いXRP(リップル)も積み立てることにしました。
理由は感覚です。2番手より3番手にしーよぉっとって感じです。割安だったのも理由の一つです。

 

総括

つみたてNISA、iDeCo、暗号資産つみたては上がると嬉しいですが基本的に感情は無です。目標が10年以上先にあるので安全運転をしているためです。

つみたてNISAは10年後の子供の学費に。
iDeCoは28年後からの老後のために。
暗号資産つみたては爆益になれば良いな程度。

トラリピも14年後の生活費のための運用ですが、確定損益が出るので一喜一憂してしまいます。証拠金が戻ってくれば感情も排除できると信じています。

トライオートETFには本当に悩まされています。
少し明るい話題が出てきてはいますが、まだまだ下目線には変わらないのかなと。
何とかロスカットしないようにして、含み損を取り返したいです。

皆さまにも良い未来が訪れることを願ってます。

 

最後に、当ページに掲載している情報については、その正確性・安全性等を保証するものではなく、あくまでも参考情報の提供のみを目的としており、特定の投資商品の購入・売却を勧誘するものではなく、また取引の安全性を保証するものではありません。

投資・売買に関する最終決定はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました